[アシックス] ランニングシューズ LADY GEL-OBERON 7-WIDE TJG719(旧モデル) [00068146] - 3024円 : メンズファッション, メンズトレーナー・パーカー, レディースエクステンション, ロボット・子供向けフィギュア, レディースランニングシューズ, レディース財布, ボーイズ運動靴・スニーカー - corblimeytrousers.com
[アシックス] ランニングシューズ LADY GEL-OBERON 7-WIDE TJG719(旧モデル)
00068146

5258円

 3024円
割引: 42%OFF
商品紹介
レディスエントリーランナー向けベーシックモデル。●クッション性、フィット性、通気性ともに優れ、衝撃緩衝材GELが着地時の衝撃をやさしく緩衝●中足部の補強によりホールド性を向上させたアッパー構造。●全面ラバーソールで優れた耐久性を発揮。●アッパー素材:本体:合成繊維製 補強:人工皮革製、アウターソールはゴム底、。アシックスレディスワイドラスト(3E相当)。原産国はインドネシア。 ブランド紹介 アシックスの名前の由来は、1949年に創業者の故 鬼塚喜八郎が、スポーツを通じて青少年を健全に育成することを願いスポーツシューズの企業を神戸に創業したことに始まります。紀元2世紀の初め、ローマの風刺作家ユベナリスが「もし神に祈るならば、健全な身体に健全な精神があれかし、と祈るべきだ」との名句を残しました。原典では「精神」は「Mens」で表現されていますが、「躍動する精神」という、より動的な意味をもつ「Anima」に置き換え、Anima Sana In Corpore Sanoとし、創業の精神を基に、この言葉の頭文字をとって社名としました。当社は国内にスポーツ工学研究所を設立し、世界に通用する商品作りをしています当社は、1949年(昭和24年)に鬼塚株式会社として設立いたしましたが、後にオニツカ株式会社と商号変更後し、1977年昭和52年に商号を株式会社アシックスに変更し、スポーツウエア・用具メーカーの株式会社ジィティオおよびスポーツウエアメーカーのジェレンク株式会社と合併し、一躍総合スポーツ用品メーカーとなり現在は国内よりも海外売り上げが多いグローバル企業と成長しました
ブランド紹介
【asics / アシックス】「アシックス」の歴史は、1949年に鬼塚喜八郎氏が当時市場に不足していた学童用ズック靴の生産販売を決意したことに始まります。「アシックス」というブランド名は、紀元2世紀初めのローマの風刺作家ユベナリスの名文句、Anima Sana In Corpore Sano(もし神に祈るならば、健全な身体に健全な精神があれかしと祈るべきだ)の頭文字が由来となっており、この言葉に感銘を受けた鬼塚は「スポーツを通じて青少年を健全に育成すること」を願い、本格的にスポーツシューズを生産することを決心します。「最初に高いハードルを超えられれば、その後のハードルもどんどん超えられる」という彼の考えに基づき、当時のスポーツシューズ製造において最も難しいと言われていたバスケットボールシューズが一番最初に作られました。そのシューズは土踏まず部分にトラの顔がデザイン化されており、後の「オニツカタイガー」の商標の基本となった商品でした。そののちバレーボール、軟式テニス、登山、ソフトボール、ダンスなどさまざまなジャンルのシューズにも着手、最近ではウォーキングシューズも人気を博しています。1949年に鬼塚株式会社として設立したのちにオニツカ株式会社と商号変更をし、1977年には株式会社アシックスに変更、スポーツウエア・用具メーカーの株式会社ジィティオおよびスポーツウエアメーカーのジェレンク株式会社と合併、近年では総合スポーツ用品メーカーとして揺るぎない人気を誇るまでに至りました。また、「アシックス」は1977年に作られた技術研究所を元に、1985年にスポーツ工学研究所を設立しました。スポーツ工学研究所は、「スポーツで培った知的技術により、質の高いライフスタイルを創造する」というビジョンを具現化する、アシックスの基幹を担う部門です。人間の身体や動きを分析し、素材や構造設計を研究して新たな技術を独自に開発しています。所内で生産技術、素材、製品の分析評価の研究まで行なうことで、さまざまな研究開発アプローチが可能です。そうすることによって、アスリートのみならず一般の人々 が持つ可能性を最大限に引き出すような革新的な製品を継続的に生み出しています。
靴幅: 3E
メイン素材: 合成繊維
ソール素材または裏地: ゴム
ヒールの高さ: 3.5 cm
ヒールのタイプ: フラットヒール
留め具の種類: レースアップ
原産国:インドネシア
ソールの厚さ:2.5cm
靴幅: 3E
表示件数を増やす
カートに入れる: